60代男性(激しい動悸)

来院動機

2年ほど前から身体の震えが気になり出し来院。後屈時の腰痛や左の臀部に痺れを感じる。夜の睡眠不足などもあり日常生活や仕事に支障がある。

 

身体初見と施術経過

初回施術

上半身の筋肉の緊張と猫背の傾向があったため、全身の筋緊張をとるために筋肉調整を行い、背骨矯正を行った。症状が強かった為、首に対してローラーでのアプローチ追加をした。

2回目施術(2日後)

背骨矯正とローラーで初日同様アプローチ。

身体の震え、睡眠の質は改善せず。

自律神経に関連している為頸部にテープ貼付。

3回目施術(初回から1週後)

ほんの少し震えに変化が出てきた。

アイシング指導行った。特に自宅でのアイシングを指導した。

4回目施術(初回から10日後)

日常の生活習慣から変えていく為、歩行指導を行った。

今のところ大きな変化は見られず。

8回目施術(初回から2週後)

同じアプローチを続けると効果がなくなる為今回初めての骨盤矯正を行った。

腰にテープ貼付。

13回目施術(初回から1ヶ月後)

震えにも変化が出てきた。睡眠の質もかなり改善された。

背骨矯正とローラー治療での継続。

体操指導を行った。

18回目施術(初回から2ヶ月後)

散髪などで首元を触られると出ていた震えが大分落ち着き始めた。

今回も骨盤矯正に切り替えアプローチを継続。

体操のフォームも綺麗になっている。

27回目施術(初回から3ヶ月後)

身体の震え、睡眠の質共に大きく良化した為1週間に一度にペースを変え、治療を行っていたが不調も見られなかった為卒業。

担当スタッフコメント

初診時はかなり自律神経による症状が強く出ていた為、ご自宅でのアイシングと体操を頑張っていただきました。

最初は変化の度合いが悪かったので不安もありながらでしたが、ご自身で習慣を改善させ通院ペースもきちんと守ってくださったので3ヶ月で無事に卒業していただけました。

パニック障害について詳しくはこちら

パニック障害

この記事に関する関連記事