20代女性(顎関節症)

来院動機

以前から耳の痛みやあごの痛みがあり一か月程前からクリック音が出始め来院。

肩こりと左右の頚部の回旋不良もあった。

 

身体所見と施術経過

初回施術

顎関節周辺の手技療法と専用の特殊ローラーを用いて対応。

頚部に対するアイシングを行い

最後に頚肩部にテーピングを貼付した。

2回目施術(3日後)

顎関節の痛み7/10まで低下したがクリック音と頚部痛ある。

前回と同様にの顎関節周辺の手技療法に面圧療法を加えアプローチを行った。

顎の痛みがある間、食べる物に注意するように声掛けをした。

三回目施術(5日後)

顎の痛みと頚部痛ともに徐々に低下してきているがクリック音あり。

顎関節部の手技療法と特殊ローラーを使った施術を行ない

特別診療台で頚部にローラーによるアプローチを行った。

顎関節にテープを貼付した。

6回目施術(初回から15日経過)

顎の痛みと頚部の痛み共に低下してきているが、

食事の際にまだ顎関節部の違和感とクリック音残存。

顎と頚部に特殊ローラーでの処置と顎関節部に面圧療法によるアプローチで対応。

頚部のアイシング指導をおこなった。

8回目施術(初回から3週間経過)

顎の痛みが消失したが頚部痛まだある。

食事の際のクリック音も減ってきて頭痛もここ最近全くない。

顎と頚部に特殊ローラーでのアプローチをおこない、顎関節部に面圧療法で対応。

体操指導をおこないました。

 

10回目施術(初回から1ヶ月経過)

顎と頚部の痛みが消失したがクリック音少しある。

食事の際もあまり気にならなくなってきた。

顎関節部の面圧療法とウォーターベッドを使用した運動療法で対応。

14回目施術(初回から1ヶ月半経過)

顎の痛み頚部の痛み共に消失。

食事の際の顎関節の違和感も無くなりクリック音も出なくなった。

次回3週間後に異常が無ければ卒業予定。

スタッフコメント

この患者さんは顎関節症による顎と耳に痛みがあり来院されました。来院当初は痛みが激しかったのですが自分達が指導した事をきちんと守ってくれていたのもあり痛みの改善はすぐに見られました。

また、寝る際の枕の高さを変えたりお家で体操や痛みのある間の食事の改善をしっかりしてくださった為、症状の回復もとても早かったです!

 

 

顎関節症について詳しくはこちら

顎関節症

この記事に関する関連記事