10代男児スポーツ外傷(シンスプリント)

来院動機

2週間前から左脚のふくらはぎの内側に違和感があり、動き始めの際に運動時痛がみられ来院。

筋肉調整と徒手矯正で対応。

身体所見と施術経過

初回施術

下腿に対する筋肉調整と徒手矯正による可動域トレーニングを行なった。

運動後のアイシング指導と過度な運動を控えるように指導した。

2回目施術(次の日)

左脚の下腿内側の痛みあまり変化なし。

足で地面をけり出す際に痛みあり。

初回同様に徒手矯正を行ない、腸腰筋にMPF療法でのアプローチとアイシングを行なった。

 

3回目施術(2日後)

日時上生活での痛みが軽減し始め、運動量を徐々に増やせるようになってきたが運動後に痛みあり。

徒手矯正と腸腰筋へのアプローチ、患部へのアイシングを行なった。

アイシングの再指導を行なった。

 

7回目施術(初回から9日経過)

日常生活での痛みが更に軽減し、少々の運動では痛みが出なくなってきた。

長距離走るとまだ痛みが出るため

前回と同様に徒手矯正と腸腰筋へのアプローチ、患部へのアイシングを行い

歩行指導を行なった。

13回目施術(初回から1ヶ月経過)

日常生活での痛みが消失し、長距離走っても痛みが出る頻度も減少してきた。

歩く際も歩行指導で伝えた事を意識して下さっている。

運動後のアイシングもしっかり行っている。

筋肉調整と徒手矯正をおこない、歩行のチェックをおこなった。

 

18回目施術(初回から1ヶ月半経過)

大会後で大腿部の緊張があったのでアイシングと筋肉調整をおこなった。

以前のような痛みは出なくなり、通常通りの練習を行えるようになった。

練習前後の準備運動とストレッチ、アイシングもしっかりしてくださっている。

22回目施術(初回から2ヶ月経過)

運動後の痛みが消失し、

現在、今後の大会に向けてメンテナンス中。

スタッフコメント

この患者さんは高校生で陸上で長距離をしている方でシンスプリントが原因で走る際に痛みが出るようになり来院されました。通院期間を通して無理のない運動や運動後のアイシングをしっかりとしてくださったので、来院される度に変化もしっかりとでていました!現在は今までと同様の走りをしても前までのような痛みはでなくなり次の大会に向けて練習に励まれています!

今はメンテナンス中なので大会をベストコンディションで迎えられるようスタッフ一同これからもしっかりとサポートさせて頂きます!

 

シンスプリントについて詳しくはこちら

シンスプリント

この記事に関する関連記事