約半年間の通院で、ハント症候群が日常生活への支障もほぼないレベルまで良くなりました

アンケート用紙

ある朝突然、顔の左側全体が麻痺。
病院で帯状疱疹ウイルスによる「ハント症候群」と診断されました。
抗ウイルス剤などの投薬を2週間続けましたが、ウイルスは治まったものの麻痺は全く改善せず、このタイミングで手術に踏み切らなければ一生麻痺が残ると言われました。

数週間の入院が必要で、仕事、費用、生活への負担が大きく、なんとか手術を回避して対処する方法はないか悩んでいたところ、知人より鍼で改善した人がいるとの話を聞いて、職場の近くの名倉堂さんに思い当たり、早速相談してみることに。

初回の2時間弱の診断内容は背骨の矯正が中心だったため、顔への施術を期待していた自分は、「やはり手術しかないかな…」と半ばあきらめていました。
ところが施術が終わってみると、頭が物凄く冴えわたって、首から腰を新品に取り換えてもらったような衝撃的な感覚が。
1時間ほどすると、今まで完全に垂れ下がっていた瞼がわずかに上がり、こぼれて全く飲めなかったペットボトルの水が飲めるようになりました。

「これはいける!」と確信しました。

その後、背骨の矯正と頭部への施術を続ける中で、少しずつ麻痺が解けていき、約半年間の通院で見た目も、日常生活への支障もほぼないレベルまで改善しました。

実際、整骨院さんとしては稀な症例であり、ともすれば無理難題を吹っ掛けた形だったかもしれませんが、本当に熱心に様々な施術療法を駆使していただきました。
名倉堂さんの施術は、外科的なアプローチとは全く逆のカラダの基本から整えて、人間が本来持っている回復力で高めるというもので、患部以外の体全体にも大きな変化がありました。

足の裏全体で地面をしっかり踏んでいる状態になり、長時間立っていても疲れず、立ったり座ったりの際にバランスを崩すことが無くなりました。
味覚が鋭敏になり、食べ物の好みも変わりました。
インスタント食品を好み、エナジードリンクを毎日飲むような食生活が一変、新鮮なものやちゃんと調理した食事を好むようになりました。
体重が8キロ、ウエストが10cm以上細くなり、持病の不整脈が全くでなくなりました。
精神的な面では、めんどくさいこと、後回しにしていたことができるようになりました。

これらの変化は、手術を選択していたら獲得できなかったことです。
仕事を続けながら症状が改善するばかりか、罹患前よりも健康になっていたのです。
名倉堂さんとの出会いが人生を変えました。
先生方、受付のスタッフの方も大変明るく親切で、通院自体が楽しみになっていきました。
また、新旧洋法いろんな音楽が流れていて、音楽好きな自分としてはそこもポイントでした。

40代 男性 中野知彰様

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

同じ症状でお悩みのお客さまの声

意識しなくても、自然と真っすぐに立っている実感もあります
通いはじめて、「めまい」もよくなり、姿勢も意識し生活できるようになりました お客様写真
カウンセリングも親身になってしていただき、毎日のアイシングがとても大事だと言う事などアドバイスをいただけました お客様写真